実感も続け安やすさも、美味しさも進化したファンケルの「ディープチャージ コラーゲン」

  • 阿部順子さん(42歳) 「以前はコラーゲンのパウダーやドリンクを摂取していましたが、いろいろあって、どれがいいのか分からず美味しく楽しくいただきたいので、食品から摂ることにしました」

  • 千野いつきさん(39歳) 「基本、美容オタクというかミーハーなので、流行りのものは、ほとんど試しました。もちろんコラーゲンも。 続かなかった……。価格が高いわりに、効果を感じられなかったんです。スペシャルという感覚より、普段の食事で普通に取り入れられるほうが自分には合っているようです」

  • 橋本奈緒子さん(38歳) 「私たちの年齢になると食べ物以外のインナーケアも必要だということはわかっているのですが、なかなか習慣化できず、続けられませんでした 」

  • 留目麻由子さん(43歳) 「昔、コラーゲンドリンクを飲んでいましたが、コラーゲン特有のにおいが気になって止めてしまいました。改善されているんだったら、また取り入れたいです 」

Dailytechnews盛大にはコラーゲンが欠かせないそうですよ!それはどうして?

コラーゲンは人体を作るたんぱく質の約1/3を占め、体のあらゆる部分で重要な働きを担っています。特に皮膚では、コラーゲンが真皮の約70%を占め、まさに肌を支える土台の役割と言えます。コラーゲンが合成と分解を繰り返すことで新しいコラーゲンが常に生み出され、常に若々しい印象の肌を保つことができるのです。

年齢を重ねると、肌のコラーゲン量は減る一方。40代半ばですでにピーク時の7割まで減ってしまうと言われています。また紫外線などのストレスにより、コラーゲンが劣化。比例してハリ・弾力性も失われ、肌を支えきれなくなると、シワが深くなり、たるみが目立ってしまうのです。

肌のエイジングサインが気になるようになったら、新しいコラーゲンを生み出す力を高めることが大切。紫外線やストレスによって加速する分解からコラーゲンを守り、新しいコラーゲンの合成を助けることができれば、再び肌を土台から強くできます。紫外線を防ぐなどのアプローチを加え、コラーゲンを積極的にケアして肌老化に対応しましょう。

食品から摂れるコラーゲンは約3,000個つながったアミノ酸から成り、分子量が大きく、そのままでは吸収されません。そのため一般的なサプリメントはアミノ酸100個程度の低分子コラーゲンを採用していますが、コラーゲンを最小単位のトリペプチド(アミノ酸3個)まで小さくカットした進化型コラーゲンは、吸収のスピードが違います。