Prtimes人物

クリエイティブディレクター・AYAKO×PLAYER・夏木マリさん清水寺で初コラボレーションが実現

株式会社コーセー

-『ADDICTION』がパフォーマンスメイクアップをサポートし文化奉納-                           

 株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、メイクアップアーティストブランド『ADDICTION』を通じて、11月18日に世界文化遺産「清水寺」で行われたプレイヤーでありディレクターの夏木マリさんが文化奉納するパフォーマンス「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2018 『PLAY × PRAY』第五夜」のメイクアップを全面サポートし奉納いたしました。
 『ADDICTION』のクリエイティブディレクター・AYAKOは、夏木マリさんが立ち上げた支援活動「One of Loveプロジェクト」の主旨に賛同し、“パフォーマンスのメイクアップを全面サポート”するという形で、初めてコラボレーションが実現いたしました。

夏木マリさんにメイクアップをするAYAKO

 

メイクアップのテーマは「清浄」

 今年で5回目を迎える本イベントは、夏木マリさんが、途上国の子供たちの教育環境向上と働く女性たちの雇用整備向上を目的として立ち上げた支援活動「One of Loveプロジェクト」の一環として、毎年11月に世界文化遺産・清水寺【経堂】で開催している奉納パフォーマンスです。イベント当日は、静寂に包まれた【経堂】に太鼓の音が響き、清水寺・森清顕執事補の重厚な声明も加わりパフォーマンスがスタートしました。今回、AYAKOが手がけたメイクアップは眉の存在をなくした無表情で表現した「清浄」。このメイクアップをまとったプレイヤーの“静と動”の動きや息づかいが、床の軋む音に融合し、息を呑むパフォーマンスとなりました。
 AYAKOは、「夏木さんがこのOne of Loveプロジェクトを始めて10年。私も過去に様々な社会貢献活動にメイクアップを通じて参加※1をしてきましたが、支援活動を継続していくのは並大抵のことではありません。夏木さんの深い想いが詰まったプロジェクトに心動かされ、今回のコラボレーションが実現することになりました。これからも、この様な支援をすることで、色々な形で女性たちを応援していきたいと考えています。」と、語りました。
 『ADDICTION』は、これをきっかけとしてメイクアップを通じて、文化活動支援をはじめとした社会貢献活動に積極的に取り組んでいきます。

『ADDICTION』 について
 
『ADDICTION』は、ニューヨーク在住の世界を舞台に活躍するメイクアップアーティスト・AYAKO がクリエイティブディレクターをつとめる、メイクアップブランドです。「MY OWN STYLE,MY OWN BEAUTY」をブランドフィロソフィーに掲げ、年齢を問わずひとりひとりの個性を最大に生かしたスタイルを創り上げるメイクアップを提案しています。

ADDICTION公式サイト :
公式オンラインショップ:

*ADDICTION : 熱中すること、やめられないこと、虜になること、依存症、中毒

『AYAKO』 について

クリエイティブディレクター
 ニューヨークをベースに活躍するメイクアップアーティスト。 海外のファッション誌や、広告キャンペーン、コレクションを舞台に、カール・ラガーフェルド、スティーヴン・マイゼル、マートアンドマーカス等の著名な写真家と数々の仕事をこなす。ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、アン・ハサウェイなどといったハリウッドセレブやナオミ・キャンベルなどトップモデルにもファンが多く、音楽の世界でもアリシア・キーズ、ジェニファー・ロペスなどのアルバムジャケットやミュージックビデオを手がける。2009 年『ADDICTION』のクリエイティブディレクターに就任。
ワンストロークでも、ドラマな表情を生み出すカラー、テクスチャー。バッドガールにもグッドガールにもなれるモードな世界観を表現。あらゆることにEXCITEMENT を見いだす独自のアーティスト性が、そのクリエーションを際立たせている。

※1
「Nelson Mandela Children’s Fund Versace for Africa fashion show」リードメイクアップアーティストとして参加
「Fashion for Relief Charity Fashion Show」Naomi Campbellのメイクアップ等で参加

参考
「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2018 『PLAY × PRAY』第五夜」
【実施概要】
■日時:2018年11月18日(日) 18:00~
■会場:音羽山 清水寺【経堂】(京都市東山区清水1丁目294号)
■出演:夏木マリ、MNT(マリナツキテロワール/山崎麻衣子、小島功義、鈴木竜、牟田のどか、小関美央、西田翔子、植田崇幸)
■声明:音羽山清水寺 執事補 森清顕氏
■音楽監督:斉藤ノヴ
■メイクアップ:クリエイティブディレクター・AYAKO、ADDICTIONメイクアップチーム

「One of Loveプロジェクト」
 音楽とバラで、途上国の子供たちの教育環境、そしてその母親でもある働く女性たちの雇用整備の向上を目指す支援活動で、今年で10周年を迎えました。継続的に途上国を支援し、子供たちの健全な教育と地域の振興を支えていくことを目的としています。また、労働者が誇りを持って仕事に従事できるよう、生活基盤の向上も目指しています。

「PLAY × PRAY」
 毎年11月に、日本文化象徴の地“京都”の世界文化遺産・清水寺「経堂」にて開催する文化奉納パフォーマンス。「印象派NÉO」のパフォーマンスと、清水寺・執事補 森清顕氏の声明とのコラボレーションで「One of Loveプロジェクト」の一環として文化奉納しています。

「印象派NÉO」
 夏木マリがライフワークと位置づけ、自己表現の探求の場として心血を注ぐコンセプチュアルアートシアター。
身体能力を極めた芸術表現を確立し、自身がプレイヤー、ディレクターとしてフィロソフィー、エネルギーといったものを身体言語で表現するパフォーマンス。


\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

May
25
今日の40代おしゃれコーデ

話題のカフェには【レーススカート×ヴィンテージT】ミックスでオシャレ感度高めに![5/25 Sat.]

PICK UP

PRESENT

ミラオーウェンのワンピースを計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2019年6月号

www.rbt.com.ua

форд фиеста