Lifestyle特集

10年間決して落ちることのなかった 黒ずみも消した“洗濯王子の魔法”

雑誌やテレビでよく見るビフォーアフター企画、「本当にこんなに変わる??」って結構疑ってかかるタイプだったんですが、8月号「洗濯王子夏の“大物洗い”“繊細洗い”」のビフォーアフター、あれは間違いなく本物です!なぜ言い切れるか……実は汚れ物見本として出ているレースカーテンは我が家のなんです。

今の家に引っ越してきて10年ちょっとなので、カーテンも使い始めて10年くらい。シーズンごとに洗っているのですが、毎年ちょっとずつ白さが失われていったのか、気づけばいつも網戸に張り付く右側だけ黒ずんだカーテンに……。でも、正直そんなものだと思っていました。だから「きちんと洗っているけど、もう長年落ちていない黒ずみだから絶対に落ちない!」そう自信を持って中村さんに差し出したんです。

そうしたら、何ということでしょう! ものの数時間で黒ずみの“く”の字もないくらい真っ白になっているじゃないですか。衝撃が走りました。その後は、恥ずかしさとビフォーアフターが分かりやすい誌面になる喜びと何とも複雑な気持ちになったのですが(笑)。

どんな汚れでも、洗濯機に洗剤と漂白剤を入れスイッチオンの大雑把な洗濯方法を反省です。ちなみにその真っ白になったレースカーテンを、撮影後は元あった寝室にかけて寝たところ、翌朝まぶしすぎて目が開けられない!!!

……というのはちょっと話盛りすぎですが、部屋が明るくなったのは本当です。あの汚れが落ちたので、きっとどんな汚れも落ちるはず。洗濯王子の魔法、この夏試す価値ありです。

篠原亜由美
FROM篠原亜由美 家事・育児のリアルな企画から法学部出身を生かした社会派企画まで幅広く担当するべく奮闘中の5年目ライター。家では、中3娘と小6息子の学校や塾の提出書類の出し忘れに怯える日々。今無くなったら困るものは“全ての手紙を張り付けている冷蔵庫の扉”。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

May
20
今日の40代おしゃれコーデ

5/20 Sun. 待ちに待った自分の時間は、リラックスできる【デニムコーデ】で

RANKING

PICK UP

PRESENT

ミラ オーウェンの【ウエストドッキングシャツワンピース】を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年6月号

artic coolers

how much does it cost to have a surrogate

купити тюль дешево