Lifestyleピープル

9月号 超絶男子図鑑 Sexy Zone 佐藤勝利さん裏話

撮影は7月上旬。都内ホテルにて。

いつもなら前もって到着時間を教えていただき、
お迎えに上がるのですが
今回はスタッフ二人、レセプション階のソファで
のんびりしていたところ
エレベーターからいきなり2次元感ある人影が!

「さ、さっ、、、、、、佐藤さん!」
脇目もふらず直進する佐藤さんを呼び止めるため
慌ててソファから立ち上がりかけるも、反動でこけそうになる
スタッフ。

間抜けなリアクションで存在に気づいていただき、
なんとか無事にスィートルーム階へ上がれるエレベーターへの
乗り換えに誘導。

今日の佐藤さんは黒のビッグTシャツの下に
白タンクトップをレイヤード、黒スキニーに
大きめのクラッチバッグ、茶系レイバン(風)サングラスという

小粋なオシャレ!!いや、ホントにオシャレ!!

あまりにスタッフがジロジロ見るからか
エレベーターに乗り込むと追い詰められた小動物のように
奥の壁にピッタリ背中をつけて息を潜める佐藤さん。
「今日はお忙しいところ、ありがとうございます」
という恒例挨拶に
「いえ、ぜんぜんです・・・」とのお返事。

「スゴイ・・・あのぅ、芸能人オーラが漂って・・・」と言い
かけると
「いや、サングラス掛けてるだけでしょ(笑)」とバッサリ。

・・・・会って早々に佐藤さんにツッコんでいただけた!!
喜びを抑えきれないスタッフに早くも苦笑いの佐藤さんです。
お部屋に入り、支度がスタート。
お勧めした野菜ジュースとベーグルサンドを手に取られ、ヘア
メークが進みます。

支度が整い、白シャツにお着替えの段階になると
「山下くんのページ見せてください」と声がしたので
8月号の超絶男子図鑑をお持ちし、過去のファイルもお見せす
ると

約3年前のご自分のページに
「ああ、すごい覚えてる、この写真」とひと言。
「18歳最後の日だったからですか?ビルの中のスタジオだっ
たからですか?」とうかがうと
「いや、撮影のシチュエーションとかじゃなくて、僕、写真が
すごく好きなので」ということで、
その写真好き魂は、その日の撮影でもいかんなく発揮されるこ
とに(後述)

また「前回はまだ10代でいらしたのでベッド撮影は遠慮したんです」と言うと
「全然いいのに・・・17歳から大丈夫なのに」と謎の17歳からOK説が出たり
「僕2回目だけどこの連載何回目ですか? ああ、60回以上?とすると
ウチの事務所は(デビュー組が)80人以上いるから、一部の人が
2周目に入って・・・」

といきなり登場人物と頻度の計算を始めたり、
撮影に入る前からすでに勝利さん節が全開です。
いよいよベッドでの撮影がスタート。
一枚目から美しく絵になるカットが撮れ、「かっこいい」とス
タッフから声が漏れます。
「申し遅れましたが年上女性と二人きりという設定で、カメラ
のこちら側に女性がいると思って・・・」と声をかけると
ふっと笑われたので
「あ、失笑されました?」と言うと
「いえ、そういうシーンなら強めじゃないってことですね。カッコ
つけ過ぎてましたね」とすぐさま柔らかめの表情にチェンジ。
手の向きを上下入れ替えたり、「動きますか?」「こっち側が
いいですか?」と

カメラマンに小まめにポージングの指示を仰いだり、被写体と
して積極的に撮影に協力してくださいます。
時々ベッドから降りてモニターをのぞくも写りをチェックする
だけで
「いえ、口出しはしません」と言い残してまたベッドへ。
モニターを見つめるスタッフが途中でカメラマンに「足を入れ
たいです」「爪」「足裏を」と言うと
再びクスクス笑われる佐藤さん。
「え、何か??」と戸惑うと
「いえ、すごい『足裏!』『爪!』ってワードが強くて・・・
爪、意識しますね」と
足の見え方を考えてくださる一幕も。
「足に傷があるので隠したいんですよね」とおっしゃるので
「ええええっ!!何かお怪我でもされました??」と前のめり
でうかがい、
「靴擦れですが」と聞いて
「ああ、それなら・・・良かったです」とほっと胸をなで下ろ
すスタッフ。
さながら皇子と皇子にお仕えする過保護なしもべ・・・の構図です。
写真の画角や見え方、読者さんが欲しがる雰囲気まできちんと
考えながら動いてくださる佐藤さんとの撮影は
まさに「セッション」と呼びたくなるような内容の濃い時間と
なりました。
インタビューではひと言ひと言、言葉を選んでじっくり話して
くださいました。
お話はソファの上にあぐらをかいて座るくだけたスタイルです。

近況をうかがうとおもむろにスマホを取り出してスクロール。
何か写真でも見せてくださるのかと思い、お待ちしていると
「すみません、スマホを見ないと一週間前も思い出せなくて」

衝撃の発言が!
毎日忙しく色々なことがあるので、一般人の百万倍の濃密さで
時間が過ぎるゆえ、
一週間前でも大昔のことに感じるのでしょうか。
佐藤さんと凡人の時間の流れの差はあまりに違い過ぎる・・・。
横顔に影を落とす睫毛の長さに見とれながら、そんなことを考える
スタッフでした。
18歳から21歳へ。
3年間の変化と成熟が感じられるページになったとスタッフ一
同、自負しております。
24時間テレビの企画ではオーケストラをバックにホルン演奏を
披露されることも発表になりました。

8月25日〜26日の「愛は地球を救う」でのSexy Zoneの活躍を
楽しみにしています!

チームDailytechnews
FROMチームDailytechnews 雑誌「Dailytechnews(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、Dailytechnewsらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Aug
20
今日の40代おしゃれコーデ

8/20 Mon.旦那さんとの仕事帰りデートなら、ほんのり色っぽい【ドットブラウス】

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年9月号