Lifestyleピープル

【コマブロ Vol.6】コマレポ♪宝塚観劇

先日は、「アンチエイジングフェアin大阪」
楽しく終わりました!
いらしてくださりありがとうございました♪

さて!
皆さまは宝塚をご覧になったことはありますか?
私は現役時代はどうしても仕事目線で観てしまいましたが、卒業してからはやっとお客様目線に戻りました。

私が宝塚を初めて観た時の感動。

あの有名な大階段と、その大階段を期待通りに背負う羽根がおっきくなっていくラストのパレードの華やかさ。

男役の華麗な群舞。
娘役さんの可憐で美しい姿。

そう。宝塚は夢の世界です。

先日
宙組 東京宝塚劇場公演『天は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』
を観てきました️。

東京宝塚劇場。
入り口には沢山の観劇を楽しみにしているお客様がワイワイ。
紫色のキャトルレーヴという宝塚のショップの袋を手にさげている方。
オペラグラスを持って来られてワクワクした表情で歩いている方。

私は開演前に懐かしい楽屋へお邪魔してきました。

楽屋には懐かしいスタッフの方々や仲間達が待っていました。

みんな、当たり前のようにリーゼントやお化粧をする姿。
卒業すると、以前は当たり前だった光景も、当たり前じゃないんだなと実感します。

楽屋はいつも賑やかで、「さぁ!今日もステキな舞台を!」と、気合いと生命力に満ち溢れたタカラジェンヌ達。
今回は、真風涼帆くんのトップお披露目でした。
真風くん。
とにかく立派なんです。お披露目とは思えない貫禄!

宝塚は基本的に・・・

一幕はお芝居仕立てのミュージカル

二幕はレビューと呼ばれる歌とダンスのショー

の二幕構成になっています。

今回一幕は漫画が原作のミュージカルでした。
濃いキャラクターが沢山出てきて、引き込まれていきました。
こんなにコスチュームが似合う世界、なかなかないです!

二幕は宙組で名作となっているショーの再演。
私が宝塚ファンだった時代のショーは、観ているだけで涙が止まりませんでした。

宙組の魅力は背が高い男役が沢山いること。
とにかく華やかでカッコ良いんです!
そして組長さんまでもがダンサー!
私も宙組に出演させていただいた時に、
動ける子達、振り覚え早い子達にビックリしたのを思い出します。
現役時代、
宝塚は敷居が高いイメージがあってなかなか、、、
と言われる事がよくありました。
ですが、どんな方が観ても
あっという間に引き込まれていく華やかな夢の世界なんです。

最近は男性のお客様もとっても増えています。

まだご覧になった事がない方は、是非ご家族で、カップルで、お友達で、親孝行で、観に行ってみてください。

たまにはこんな観劇レポも書いていきます♪

コマレポでした
★お花は映画「鹿沼」クランクアップに頂いたお花です️

沙央くらま
FROM沙央くらま 芸名 沙央くらま 愛称 コマ 2001年 宙組「ベルサイユのばら2001」公演で初舞台を踏み、雪組、月組、専科で男役として活躍。2018年2月に惜しまれながら宝塚歌劇団を卒業。ときには娘役まで演じてきた17年間の経験の中で、美容、健康管理、ファッションなどに精通し、タカラジェンヌの中では「困ったらコマさんに聞こう!」と一目おかれるように。そんな経験を活かし、新たな沙央くらまとして様々な情報を発信していきます!
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Aug
19
今日の40代おしゃれコーデ

8/19 Sun.パッと目を引く【カラースカート】で、話題のレストランで休日ランチ

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年9月号

www.eurobud.com.ua/krovelnye-planki/

Тестостерона пропионат