Lifestyle

誰もが“毒親”になる可能性があるから 子どもを「見守る心」を強化したい!

「私たちのCHALLENG Dailytechnews」を担当しているライターの孫 理奈です。今月号のテーマは”毒親”。過干渉やネグレストなどの児童虐待により、毒のような影響を与える親のことを言います。「え~? 私は毒親じゃない、ない!」なんて思っても、カウンセラーの方のお話によると大きく6分類に分けられ、かなりの割合で当て嵌まるんだとか。

自分の子育てを振り返ると、常々思っていたのは「子どもの進む道は子どもに決定させたい」ということでした。少なくとも過干渉の毒親ではなかったと思います。進学先を決めるときも、「ここがいいんじゃない?」と勧めることはしませんでした。学校ごとのメリット&デメリットを挙げた上で「それでどうしたい?」と聞き、最後に本人が決めた意思に従いました。親が子どものためを思って「ここがいいよ」と勧め、やっぱり違うと子どもが思ったときに、「お母さんが勧めたからここにしたのに」と不満に繋がり、親子関係がちょっとギクシャクしてしまったケースも周りにはいましたね。今回、一時帰国していたカナダに留学中の次男をまた見送る日には後ろ姿を見ながらウルウルしましたが、じっとガマン。子どもの決意を「見守る心」を試される度に、親が子どもから強くしてもらっているんだなとつくづく思います。

彼女と仲が良い長男については、私は息子たちの恋愛相手がどんな子でも反対することは辞めようと思っています(今のところですが……笑)。友達のケースから学んだのですが、親に彼のことを反対された子に限って、意地を張って結婚まで進めていたからです。人って反対されると、もっと突き進んでしまうんですね(笑)。結局、離婚をしたり、今では不仲の人が多いので、親の見る目は当たっていたんだと思います。

うちの親は本当に私を信頼して育ててくれました。子どもの気持ちを尊重してくれていましたね。彼とのお泊りなど、普通の親が反対しそうなことを打ち明けたときも、「正直に話してくれる以上はきっと間違いは起こさないだろうし、隠れて泊まったりするよりはいいから」と言っていました(笑)。

韓国人の主人と「結婚したい」と言ったときも、差別的な見方も一切なく、反対もしなかったので呆気なく結婚できました。これは主人が結婚を申し込みに来たときの写真です。時代のせいか、平野ノラかダンシングヒーローで踊っているダンス部員のようなボディコンの私です(笑)。

孫 理奈
FROM孫 理奈 ライター歴6年目。元ビーチバレー選手の韓国人と国際結婚し、大学生の息子2人の母。三男を9年前に難病で亡くし、著書に「ケイン愛してるよ」がある。現在韓国語を勉強中。主に「チャレンジDailytechnews」を担当し全国を飛び回って、取材先での人との出会いを楽しんでいます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

May
26
今日の40代おしゃれコーデ

5/26 Sat. 【ピンクスカート】はTシャツ合わせで大人フェミニンにキマる!

PICK UP

PRESENT

ミラ オーウェンの【ウエストドッキングシャツワンピース】を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年6月号

еще по теме np.com.ua

代孕付钱

здесь profvest.com