LifestylefromチームDailytechnews

ロケランチから週末ランチまで昭和が漂う町の洋食屋さん

朝晩涼しくなり、秋の気配を感じる9月末。Dailytechnews編集部では早くも12月号の撮影が進行中です。

撮影のお楽しみといえば、スタッフとのランチ。この日は早朝ロケの後、次の撮影まで時間に余裕があったため、打ち合わせも兼ねたブランチにしようということになり、Tフォトグラファーおすすめの新橋「支留比亜珈琲店」へ。10月号「更年期のクスリ」で、女優の生田智子さんが紹介されていたお店で、名古屋のモーニングが食べられるとワクワクしながら行ってきました。

おすすめは「カルボトースト」(700円)。

「日本でここでしか食べられない味」とのふれ込み通り、玉ねぎやハムなど溢れるほどの具材とカルボナーラソースがたっぷりと乗ったトーストは、いい意味で期待を裏切ってくれるボリューム感。

もちろん、モーニングや他のサンドも注文して、スタッフでシェア。

名古屋名物モーニングは、ドリンクを頼むとトースト、ゆで卵がサービスでついてくるというお馴染みのサービスですが、プラス100円で小倉とジャムが選べます。もちろんトッピングも注文するよねーと、お得なセットにスタッフ一同大満足でした。

グルテンフリーはどこ行ったー?

とツッコミが入りそうですが、たまにはいいの、こういうのも(笑


ちゃんとお仕事もしてますよー。

こちらは、とある週末の合羽橋商店街。
合羽橋といえば、調理器具や食品サンプルが揃う問屋街として有名ですが、たまたま通っているクリニックがこの近くで、「最近通っているクリニックがこの近くなんだよね」と家族に話したところ、もちろん料理好きの娘が食いつかないはずはなく・・・。11歳で合羽橋デビューを果たしました。

どうせ行くならランチも美味しいものを食べようと、食べログで評判の高かった「木村洋食店」さんへ。

合羽橋から小さい路地を一本入った小さな洋食屋さんで、店構えから美味しいオーラを発していました。娘はもちろん子どもが大好きな「ハンバーグステーキ」、私は前評判の高かった「豚ヒレ肉のピカタ デミグラスソース」を注文しました。

小鉢と味噌汁、ご飯がついてランチが1000円〜1100円とリーズナブル。洋食屋さんといえば、デミグラスソースの味が決めてですが、このデミグラスソースの美味しかったこと。多いかなと思ったご飯も、「ママ、少しご飯ちょうだい」と私の分までペロリ(笑

ハンバーグはふっくら、豚ヒレはホロホロと口の中で溶けるほど柔らか。
合羽橋に来たときは、ぜひリピートしたいお店です。
次は、メカジキのムニエルかポークジンジャーを狙ってます!
(だからー、グルテンフリーはどこへ?)

ちなみに合羽橋の戦利品は、麺切りザルと銅製の卵焼き器でした。

昭和といえば、生田智子さんも出演していたNHKの朝ドラ「ひよっこ」が終わってしまうのが少し寂しい・・・。東京はオリンピックに向けて開発が進み、少しずつ昭和の情景がなくなりつつありますが、昭和の味わいは継承してほしいなあと願います。

宮本真実
FROM宮本真実 Dailytechnewsライター4年目。ファッションはカジュアル派で、無類のデニム好き。プライベートでは、プーさん夫と小5の娘、トイプードル(♀)と多摩ライフを満喫中。毎日のお弁当作りを中心に、おいしいモノ・コトを綴ります。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

May
21
今日の40代おしゃれコーデ

5/21 Mon. 週の初めは清楚な【紺コーデ】できりりと

RANKING

PICK UP

PRESENT

ミラ オーウェンの【ウエストドッキングシャツワンピース】を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年6月号

комплектующие для перил из нержавеющей стали

kinder-style.com.ua/girls/platya_yubki/

Степлер без скоб