DigitalistLifestyle

アラフォーママ、羨望の眼差しの先には…

一日の半分は離乳食のことを考えています、袰川です。

 

お花見、しましたか?

 

自分が食べるものなら多少傷もうが賞味期限が切れようが、ちょっとやそっとじゃ気にしない私。

しかし、か弱き赤ちゃんのための離乳食、ムダに丈夫な私と同じ感覚で考えるわけにはいきません。

 

我が子のためにせっせと新鮮な食材を吟味、時間をかけて調理し、食器や器具は清潔に保ち…

 

反動で自分の食事がどうでもいいような気分になり、残った食材で自分の昼食を作っている際につい考えるのはこれ…「ま、いいや、私のだし。。」

 

私だって赤ちゃんだったはずなのに、人間いつからこんなに逞しくなるのでしょうか。

 

いや~しかし、ネット様さまです、私…迷ったらすぐネットで検索。

私、現代のママじゃなかったらやっていけなかったかも。。

 

「フムフム、野菜のペーストでお粥にキャラクターを描くのね、ほほぅ。。」

 

育児サイトなどにある、とっても可愛い離乳食の盛り付け。

しかしねぇ~今はまだ、そこまではたどり着きません。

想像はするんです…で、満足して終わり。あは。

 

なるべく同じ時間になるように作り、食べさせるだけで精いっぱい。

日々の盛り付けは80点ぐらいの出来栄えでもバチは当たらないと思うの。。

 

どんなに手間ひまかけて作っても、それなりに見栄えや器に気を使っても、洗ってすりおろしただけの苺の方に目をランランとされたりしますしね。はは。。

 

まぁ、そんなこんなな毎日。

こんなにも小さな小さな存在に、大の大人が右往左往しております。

 

我が子も8か月…早い、早いよ。。

 

したがって最近の私は疑っているわけですよ、一日24時間説を。

私の周りだけ一日12時間ぐらいしかないのではないかと。。

 

そのくらい一日が早い早い。

だって我が子がもう8か月だなんて…

 

もうハイハイする、つかまり立ちする、「ママ」も言う、甘え方ひとつとっても変化してきていて…生まれたての儚さ全開だった頃と比べ、俄然“ヒト”感が出てきている我が子に、時の流れを感じますよねぇ。

 

以前のブログにも書いていたように、この冬はウィルスの脅威から幼い我が子を守るためひたすら家にこもっており、忙しい夫より格段に私と二人で過ごす時間が長かった我が子のメンタルへの影響もちょっと心配していましたが、、

 

お出かけを解禁して1か月半。

街中やお店で「可愛い~」と言われると「それはどうも」とばかりにニッと笑い返し、時には相手に手を伸ばしさえする我が子を見て、どうやら母の人見知りは遺伝していないようだと胸をなでおろしております。

 

人生初のお花見も経験し、「この子に桜を見せてあげたい」という名目のもとの大人の楽しみに付き合う…という、“赤ちゃんあるある”も経験し…心身ともに成長する我が子。

 

アラフォーになっても人間というものはこんなにも精神的に未熟なのか…と、勝手に全人類を巻き込んで自らに呆れる場面が多々…な母を、遠慮なく追い抜いて行っておくれ、我が子よ。。

 

桜は一番好きな花かもしれません…美しい。。

 

夫「いいなぁ、人生これからかぁ~俺と代わってくれよぉ」

私「いいなぁ、このつるピカ肌…私とお肌交換してぇ~」

 

私達夫婦から、日々注がれる羨望の眼差しを一身に受けて…

 

お、重い…?

袰川有希
FROM袰川有希 (いやがわゆき)アナウンサー、キャスターを続けながらライター業にも従事。大好きな「書くこと」を仕事にできた喜びをかみしめつつ、長年の夢である小説家を目指し、コツコツと小説の執筆にも励む日々。美味美酒と旅が好き。いつか夫とウィスキーの聖地アイラ島に行くのが、もう一つの夢。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Dailytechnews RELATED KEYWORDS !

Dailytechnews SELECTED ARTICLES

Apr
24
今日の40代おしゃれコーデ

【白デニムとサファリジャケット】なら、パンツスタイルでも女っぽく![4/24 Wed.]

PICK UP

PRESENT

BRACTMENTの「カラースカート」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2019年5月号