DigitalistLifestyle

美しい陶磁器の世界、宮川香山 展

大阪市立東洋陶磁美術館で開催されている『宮川香山』展へ行ってきました。

 
今年は没後100年となるそうで、2月の東京のサントリー美術館を皮切りに全国巡回展が開催されています。
 
 
私は初めて作品を見たのですが、、
とにかく、目を見張るような作品!!
 
香山の作品の特徴は、前期と後期に分けられ、まず前期は「高浮彫(たかうきぼり)」という、陶器の表面をリアルな造形物で装飾している技法が見られます。
 
どういうことかというと、
鳥や蛙、猫、熊、などなどの動物であったり桜や牡丹などの植物が、花瓶や壺の表面を立体的に装飾しているんです。
 
 
その「高浮彫」の作品、一部撮影可能なエリアがありました。
 
 
「高浮彫桜二群鳩三連壺」
桜の古木や鳩が群れ遊ぶ様子が高浮彫で表現されています。
 
違う角度からアップで。
羽根、本物みたいにムクムクしているかんじです。
 
桜の古木も立派!
 
写真では伝わりにくいのが残念ですが、本物はかなりの迫力とそして同時に細やかさが感じられます。
 
動物でも花でも、精緻な描写には見入ってしまいます。
また、動物の表情がなかなかユーモラスなものもあって、ちょっと笑えたりします^ ^
 
 
後期の香山は、「釉下彩(ゆうかさい)」という透明の釉薬の下に絵付けを施す技法の作品を発表。
 
装飾的な高浮彫から一転、シンプルでありながらエレガントです。
やわらかで澄んだ色あい、とろりとしているような質感…美しいと思いました。
 
 
ご興味を持たれた方はぜひ!
どの作品も目が喜ぶ美しさと楽しさがあります。
 
大阪市立東洋陶磁美術館では7月31日まで。
10月1日〜11月27日は瀬戸市美術館へ巡回されます。

安井ミカ
FROM安井ミカ 日々の暮らしのなかで、発見したり、ひょっこり出会えた美しいと感じたもの、大切にしたいと思うものやこと、ご紹介していきたいと思います。娘二人、息子一人の母。関西在住です。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Dailytechnews RELATED KEYWORDS !

Dailytechnews SELECTED ARTICLES

Dec
11
今日の40代おしゃれコーデ

ブラックベースの【柄ワンピ】ならイタくならずにちょうどいいフェミニンさに[12/11 Tue.]

PICK UP

PRESENT

冬コーデが華やぐ「カラーバッグ」を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2019年1月号

biceps-ua.com/stanozolol.html

www.ac-sodan.info/kosak/area/hyogo-html

https://plasticsurgery.com.ua