DigitalistLifestyle

有田焼を買うならこちら!

年末年始は九州の実家に帰省していましたが、
帰省時に必ず足を延ばすのが佐賀県有田町。

テーブルコーディネーターにとって聖地とも言える場所です!

ゴールデンウィークの時期に開催される有田陶器市は
全国区で人気のイベントですが、
なかなかその時期に帰省するのも難しい・・・

私も含め、そんな方におすすめなのが「有田焼卸団地」です♪

有田焼専門のショッピングモールで、22ものお店が出店。
年中無休で営業しています!(店舗によって店休日あり)

もちろんお正月も元旦から初売りをしていました~。

通常でも他県で購入するより安く買える器が、
この初売りではさらにお得に!!

有田焼と言えば伝統的な美しい絵付けも素敵なのですが、
最近はモダンなデザインのものも多くなっていて、
スタイリッシュ、モダン好きな私は、どうしてもそちらに目がいってしまいます♡

今回もとっても素敵なアイテムに出会えました!

こちら↓

奥から、ずっと欲しかった長角皿。
シンプルな青磁に網目模様がアクセント。

菊型のお皿は、錆がかった銀色が和モダンなコーディネートに映えそうです。

金銀のお箸は輪島塗のものなのですが、一膳なんと500円!

有田焼以外の焼き物や漆器、塗り物などを扱っているお店も多いので、
トータルコーディネートで揃えられるのも魅力です♪

そして~

ザ・モダンなデザインの徳利盃。
こちら展示品限りということもあり、かなりの破格で即決でした☆☆☆

毎年お正月はどちらかの実家で迎えているので、
今のところお屠蘇のセットまでは必要ないかなと思いながらも、
お祝いの席などちょっとした時に
素敵にお酒を振る舞える酒器があったらいいな~と思っていたところだったのです。

と言いつつ、略式でお屠蘇代わりにも使えそう!と目論んでおります(^皿^)

最初の写真にあったように、
今年は有田焼創業400年を迎える年とのこと。

1616年、有田東部の泉山で磁石が発見され、
日本初の磁器が焼かれたことが始まりの有田焼。

・・・長くなりそうですので(笑)
有田焼の歴史や陶磁器のお話もまた別記事でご紹介できたらと思いますが、
今年はさらに有田焼に注目が集まりそうです♪

好みにあったデザインに出会えること間違いなしの有田焼卸団地。
機会がありましたら是非足を運ばれてみて下さい♪
 

藤野亜矢
FROM藤野亜矢 中学生・幼稚園育児に奮闘する一男一女の母。テーブルコーディネート、カメラ、インテリア、ファッション、お出かけ、子育て……自分の”好き”を思いっきり楽しむ!がモットー。40代の気になるあれこれを楽しく発信していけたらと思います。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
22
今日の40代おしゃれコーデ

8/22 Wed. 大人っぽい甘さを出したい日は【ビターなリボン付きフレアスカート】

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年9月号

www.best-drones.reviews

plasticsurgery.com.ua

baden-medservice.com/