DigitalistLifestyle

『海難1890』『杉原千畝』『母と暮せば』邦画3作が揃い踏み!

いよいよ世界一斉公開となったSW旋風の巻き起こる中ですが、正月興行は邦画も大作揃いなんです!

 
『海難1890』(監督:田中光敏、出演:内野聖陽 忽那汐里)
1890年(明治23年)和歌山沖で起きたトルコ軍艦エルトゥールル号海難事故と、1985年イラン・イラク戦争でのトルコ航空機による奇跡の日本人救出劇、ふたつの実話を描いた日本・トルコ合作映画。
トルコ軍艦の乗組員500名以上が犠牲となった大参事の中、地元の村人たちの命がけの救助により助かった69名の生存者。台風で荒れ狂う海を前に暗い断崖絶壁を降りて遭難者を引き上げ、不眠不休で看病し、自分たちが着ている着物を脱いで裸で体を温めてやり、自分たちのその日の食料ですら乏しい状況でわずかな備えも惜しまず差し出す村民たち―――。
それから95年後。戦火のせまる危険な状況において、テヘランに取り残された215名の日本人を救うために航空機をもう一機派遣してくれたトルコ政府。当然の権利として真っ先に自国の救援機に乗るべきところ、日本人を優先して搭乗させてくれた空港のトルコ人たち。その政府の決断に対し国民誰一人からの抗議もなかったというフィクションよりも出来た美談に、とても驚きました。
利害関係とか国策を案じる間もない咄嗟の判断、ただ目の前の命を救いたいという人々の″真心″。残酷なニュースばかりが語られる中で、もっともっと広く伝え継がれるべき史実を語ってくれる映画です。

『杉原千畝』(監督:チェリン・グラック、出演:唐沢寿明 小雪)
第二次世界大戦中に日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアで、本国の了承を得ないままユダヤ難民にビザを発行し続けた杉原千畝。彼が発行した″命のビザ″によって救われた人命は、少なくとも6000人以上。
領事館が閉鎖になるギリギリまで、閉鎖後はホテルのラウンジで、そして最後は駅のロビーでもビザを発行し続けた千畝。いち外交官でありながら政府に背き信念を通した彼自身ももちろん素晴らしいけれど、その彼を支え、自分たち家族がどうなるかもわからない状況で彼を後押しした妻・幸子の強さにも感服しました。大人である自分たちだけのことなら覚悟はできる。でも守るべきこどもを抱えてのあの決断は、よほど腹をくくらないと踏み切れないものだと思います。
その後、命のバトンは千畝のハルビン学院時代の後輩で在ウラジオストック総領事代理だった根井三郎へと引き継がれ、彼もまた独断でユダヤ難民の日本への渡航を許可するのです。揺るぎない信念をもって起こした行動には必ず味方が現れる―――そんな奇跡を起こした物語。
そして、戦争も難民も、遠い過去の話ではなく今も世界が直面している深刻な問題であるという事実。今だからこそ改めて見直したい、″日本のシンドラー″の実話です。

『母と暮せば』(監督:山田洋次、出演:吉永小百合 二宮和也 黒木華)
原爆投下から三年後の広島を舞台にした戯曲『父と暮らせば』の作家・井上ひさし氏が、その対となる作品として構想していたという長崎の物語。その遺志を引き継いで巨匠・山田監督が自ら脚本を手がけた本作は、キャストもスクリーンにこそ相応しいそうそうたる顔ぶれで、良くないわけがないでしょう!と思ってはいたものの。もうこれが、思った以上の良さでした。原爆で死んだ息子(の幽霊)とその母という哀しい設定ながら、監督らしいユーモアや人情味があふれた作品です。
母・伸子が終盤で吐露した衝撃的な胸の内。優しくて気丈で働き者で″お母さんの鏡″のような伸子でさえも、恨み言を吐かずにはいられなかった″母の業″・・・。だって母になるということは、人生最大に強くなると同時に、人生最大の弱点を持つことでもあるから。
2004年の黒木和雄監督による映画『父と暮せば』(出演:宮沢りえ 原田芳雄)も本当に素晴らしく、一人でも多くの人に観てほしい!と思う映画です。これを観ると、山田監督がどれほど真摯に井上氏の遺志に寄り添って戦争の悲惨さを描こうとしたのかがよく分かります。

どの作品も、日本人である私たちが知っておくべき、決して忘れてはならない語り継ぐべき物語。今の時代に責任のある私たち大人はもちろん、これからの世界をつくっていく若い世代にもこぞって観てほしい作品ばかりです。この冬休み、ぜひ映画館へ!
 

中林直美
FROM中林直美 渋谷の映画館でもぎりをしつつミニシアターブームに傾倒した学生時代。大学卒業後は大手映画会社で約10年勤務。映画と旅が好き。 https://www..com/naomi_nm_/
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Jul
17
今日の40代おしゃれコーデ

7/17 Tue. 連休明けの出社はスタイリッシュな【スニーカー】で足元から軽快に!

PICK UP

PRESENT

バイマイティの【ドルマントップス】を計7名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年8月号

http://cl24.com.ua

np.com.ua/teplovoe-oborudovanie/tostery.html

https://www.coop-menkyo.jp