DigitalistLifestyle

カンヌ最高賞受賞!『万引き家族』の凄まじさ。

先ごろ閉幕した第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した話題作が、いよいよ公開!

様々なかたちの“家族”を描き続けてきた是枝裕和監督が入魂の最新作で取り上げたのは、「犯罪でしかつながれなかった」家族。
社会の片隅でひっそりと身を寄せ合って生きる彼らの秘密が暴かれたとき、あなたは何を想いますか——?

毎日のように報道される、家族にまつわる惨いニュース、哀しいニュース、憤るニュース。でもその背景にある切実な状況、その内側にある個々の物語に目を向けると、ときに何も言えなくなってしまう。

広がるばかりの貧富の格差、受け継がれてしまう負の連鎖。そこで出てくる「貧困の自己責任論」。
だけど、この先も自分は絶対にそうならないと、そうであったかもしれない自分など想像もできないと、他人事のように言い切れるだろうか。

この映画の家族は、間違っている。社会的にどころか、人としてどうなの?って部分すら多々ある。
それでも私はこの家族を誰一人、本気で非難することはできなかった。
だって愚かでも一時しのぎでも偽物でも、彼らが守ろうとしたものは、尊かったと思うから。

家族だからという傲慢と怠慢のもとで形骸化した関係もあれば、血のつながりや戸籍を超えたところで生まれる深い絆もある。

誰のことも責めず庇わず。人間の汚さも美しさも、狡さも賢さも、情けなさも慈悲深さも、どこまでも淡々と映し出す是枝監督らしい目線。
是枝作品の醍醐味ともいえる、クスっとしたりジワっとくるような当たり前の家族の日常シーンもたくさん。(特に花火大会の描写の素晴らしさ!)

コンペティション部門審査員長を務めたケイト・ブランシェットも絶賛したという安藤サクラの演技は圧巻・・。
そんなの全然たいしたことじゃないんだよって言ってたくせに。本当はずっと、選ばれたかった。呼ばれたかった。彼女の秘めた想いが抑えても抑えてもあふれ出す、胸が張り裂けるような凄まじいシーンです。

ちいさなかしこい少年が家族のためにとった行動を、最後についたやさしい嘘を、私たち大人が守ってあげるために。今の自分にできることは何だろうと考えさせられます。

カンヌ最高賞にふさわしい傑作!大人にこそ観てほしい、まさに今観るべき一本です。

『万引き家族』
(2017年/日本/120分)
6/8(金)〜 全国公開

※以前書いたブログです。こちらもぜひ。  ↓
『海よりもまだ深く』――いろいろ捨てたもんじゃない。

※ ↓

中林直美
FROM中林直美 渋谷の映画館でもぎりをしつつミニシアターブームに傾倒した学生時代。大学卒業後は大手映画会社で約10年勤務。映画と旅が好き。 https://www..com/naomi_nm_/
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Jun
18
今日の40代おしゃれコーデ

6/18 Mon. 【ノーカラージャケット】が一枚あれば叶う、月曜朝の時短コーデ

PICK UP

PRESENT

グーコミューンの【シガレットゴムパンツ】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年7月号