DigitalistLifestyle

京都吉田山大茶会

こんにちは。

京都の岡本エリです。

 

週末は、良いお天気の中お茶会へ。

 

京都は“お茶の世界”といわれるほど

生活の中にお茶の文化が根付いています。

習い事の一つに茶道というお子さんは

男女を問わず多いんです。

 

ただし、大人のお茶会参加は敷居が高い!!

お作法や服装に加えて、静まり返ったお座敷がさらに難易度を上げているのは間違いないのです。

そんなお茶席に抵抗がある方でも大丈夫。

気軽に参加できるお茶会を見つけました。

6月2日、3日に開催された

今回で9回目となる『京都吉田山大茶会』。

世界の名茶が

京都市左京区の吉田神社の境内に大集合。

日本茶だけでなく

中国、韓国、インドなど各国のお茶やお茶席が

いっぱい並びました♪

 

軽トラックの荷台にお茶席。

 

涼しそうな日よけの中でのお茶席。

 

数えてみると40軒あまりの趣向を凝らしたカジュアルなお茶席が。

 

見て歩くだけではなくて体験もしました♡

まずは韓国茶から。

神社の建物を生かして、

韓国の貴族社会で引き継がれてきた

雅なお抹茶のお点前を

お作法を学びながら緊張せずに頂きました。

 

続いてもう一軒…と思ったら、

うまく予約がとれず木陰で冷たいミルクティー。

この日の最高気温は29.4度!

生き返りましたー。

優雅なひと時に心地よい風を感じながら一息ついたところに風流な笙の音まで。

 

幻想的な雰囲気に癒されたところで

ようやく順番がまわってきた

中国の岩茶のお茶席へ。

1煎目はさっぱりとしたお味に強くて良い香り。

2煎目からどんどんまろやかになり、なんと10煎目くらいまで頂けるそうです!

 

1日でいったい何杯のお茶を頂いたのでしょう。

お腹はたぷたぷになりましたが、

それぞれの土地の茶葉を使い、水を使い、

それぞれの作法によって頂くお茶。

少しの時間でたくさんの文化を体験したような気がします。

 

岡本エリ
FROM岡本エリ 小学生の娘2人と夫の4人暮らし。子育てと仕事のバランスが心地よい毎日。部屋を飾るのが好き。食器を見て歩くのが好き。布をまとっているような服が好き。奥深さと斬新さ、美しさが共存する京都が大好き。京都の魅力をたくさん見つけていきたいと思います。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
18
今日の40代おしゃれコーデ

8/18 Sat. 海に出かける週末、【デニムコーデ】をシャツで女らしく味付け

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年9月号

https://generico-pro.com

generico-pro.com/comprar/levitra-generic

У нашей компании интересный веб сайт , он рассказывает про http://www.kover-samolet.com.ua.