DigitalistLifestyle

桜スイーツはお好き?…進化する”桜味”

一番好きな花は、桜。

だけど、桜スイーツはちょっと苦手…な、袰川です。

 

お花見、しましたか?

 

でも惹かれるんです。

この時期、つい手に取ってしまう。

 

なぜって、あのピンクがいい。

スイーツそのものが可愛らしいベビーピンクなら、パッケージもピンク、リボンもピンク。

 

GODIVAの『サブレショコラ 桜』

 

ピンクという色は、女性の心をくすぐる魔法の粉のようなものをコソッとふりかけてくる気がするんですよね~。

 

あぁ今年もかかった、その魔法…そう自覚しながらも、まんまと購入してしまう。

“ジャケ買い”ならぬ、”パケ買い”です。

 

バトンドール『さくら』

 

それに女性への手土産なら、見た目の可愛さだけでも喜んでもらえる気がする…

そんな思いもあって、桜スイーツをお手土産に活用することもある私。

 

しかし、思わぬ“落とし穴”も。

それは先日のこと。

 

同じデジタリスト1期生の寺久保はるなさんとライター尾崎さんとのランチ in 。

 

グランドハイアット東京『フィオレンティーナ』にて

 

コース最後のデザートは、ショーケースから好みのスイーツを選べるというもの。

整然と居並ぶ見目麗しいスイーツたちの中でもひと際目を引いたのは、やはりこの時期ならではの桜スイーツ。

 

あれ、肝心の桜スイーツが写っていない…

 

しかし、私たちの3人の会話はというと…

 

「桜のケーキ、可愛いね」

「可愛いけど、桜フレーバーって苦手で…」

「あー、わかる!私も」

「私もー」

「見た目はいいんだけどね~」

「ほんと、ほんと」……

 

その直後、私はハッと気づくのです。

「あ…今日二人に桜フレーバーの手土産、持ってきているんだった。。」

 

なんというタイミング…あろうことか会って最初に渡しそびれていたため、当然二人は知る由もありません。

 

「これはもう、今の方がいい」と、あえて会話の直後に渡した私。

そして一同、爆笑。

 

お二人に気まずい思いをさせて申し訳なかったものの、しかし確実に場を盛り上げてくれました。

桜スイーツ、おそるべし。

 

結局私達が選んだのは、苺とチョコのスイーツ

 

しかし、今年縁あって手にしたいくつかの桜スイーツを頂いて、私は発見をしました。

桜スイーツは進化している!

 

私が苦手としていたのは、そこはかとなく漂うしょっぱさや、洋でも香る和の風味のちぐはぐさ。

 

しかし最近のものは、「桜味ですが、なにか?」というような強い主張ではなく、風のように桜を感じさせてくれるスイーツが増えている気が。

 

これまで、食べず嫌いだったかもしれないなぁと思い知らされました。

 

夜桜の中の月…わかりますか?

 

しかしそんな桜スイーツも、桜が散る頃には街から姿を消すはず…

私と同じく苦手だった方も、その前に何か一つでも試してみては?

 

眺めてよし、食してよし、そしてひとネタ作ってくれる…かもしれない桜スイーツ。

ポテンシャル、未知数です。

 

袰川有希
FROM袰川有希 (いやがわゆき)アナウンサー、キャスターを続けながらライター業にも従事。大好きな「書くこと」を仕事にできた喜びをかみしめつつ、長年の夢である小説家を目指し、コツコツと小説の執筆にも励む日々。美味美酒と旅が好き。いつか夫とウィスキーの聖地アイラ島に行くのが、もう一つの夢。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Jun
20
今日の40代おしゃれコーデ

6/20 Wed. 【ハイウエストデニム】は華奢なヒールで着こなせば上級者

PICK UP

PRESENT

グーコミューンの【シガレットゴムパンツ】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年7月号

http://hbhostel.com.ua

Гинекология в Германии

Баден Баден лечение