DigitalistLifestyle

インドネシアの超高級コーヒー

こんにちは。
ジャカルタ在住の沢亜希子です。

 

突然ですが、インドネシアの飲み物と言って思い出すのは何ですか?

 

お茶と言えば、やっぱりジャワティーでしょうか?

 

ジャワティーって昔日本でも流行りましたよねー!

 

日本にいた時はジャワティーがインドネシアの紅茶だって理解していませんでしたが(笑)、確かにジャカルタでもお店でアイスティーを頼むと、だいたいジャワティーが出てきます。

 

でも、紅茶に負けず、実はコーヒーもインドネシアは有名なんです。

 

なんとインドネシアは、コーヒー豆の生産量が世界第4位なんですよー!
(ちなみに1位はブラジルで、次にベトナム、コロンビアと続きます)

 

マンデリン、トラジャ、ジャワコーヒーなど、いろいろなインドネシア産コーヒーが有名ですが、忘れてはいけないのがルアックコーヒー。
大変希少価値があって世界一値段が高いとも言われています。

 

なぜ希少価値が高いのかと言うと、このコーヒー、ルアック(ジャコウ猫)がコーヒーの実を食べ、フンとして出たコーヒー豆を焙煎したものだからです!

 

えっ?!フン??!

 

って感じですよね😅

 

ジャコウ猫は、真っ赤に熟した美味しいコーヒーの実を好んで食べて、消化できないコーヒー豆のみを排泄するらしく、猫腸内の消化酵素の働きで、コーヒー豆に独特な風味が加わり、他のコーヒー豆とはひと味違う美味しいコーヒーが出来上がるとのこと。

 

ちなみに1匹のジャコウ猫から取れる1日のコーヒー豆の量は、わずか3g。

 

希少価値が高いのも納得です。。。
以前ブログにも書きましたが、去年バリへ旅行したときに、ルアックコーヒーの生産農園へ見学に行きました。

どアップで分かりにくいですが、これがジャコウ猫です。木の上でお昼寝中で、なんとも言えない無防備な格好(笑)

 

こちらのジャコウ猫のフンから出てきたコーヒー豆を洗浄、乾燥したのがこちら。

(右と左のがコーヒー豆です)

このコーヒー豆を焙煎して、美味しいルアックコーヒーが出来ます。
日本でルアックコーヒーを飲むと、1杯5000円を超える所もあるとか?!
こちらではそこまで高くはないですが、でも、やっぱり他のコーヒーに比べたら圧倒的に高価なルアックコーヒー。
先日、ジャカルタでこんな可愛いパッケージのルアックコーヒーを見つけました✨

プルメリアの花飾り付きで南国っぽい!
そして、お値段もとってもリーズナブル❤️
60gでRp 100,000(約1000円)です。

 

日本へのお土産にも喜ばれること間違いなし😆
一時帰国まではまだもう少しありますが、早速お土産リストに追加しましたー✨

お読みくださりありがとうございます。

 

Instagramやってます。
よければこちらも是非ご覧下さい(´◡`๑)
フォロー大歓迎です♡

https://www..com/akiko_sawa/

沢 亜希子
FROM沢 亜希子 夫の赴任に伴い2017年2月よりジャカルタ在住。こちらに来る前はDailytechnewsライターとしてヘアやビューティページを担当。現在12&10歳の娘はインターに通い始め、私は週2回インドネシア語の勉強、そして大好きな音楽も続けています。日々のジャカルタ生活や美味しいもの、新しい発見をご紹介します。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

May
25
今日の40代おしゃれコーデ

5/25 Fri. 【楽チンワンピ】はキレイ色を選んでヘルシーな女らしさを

PICK UP

PRESENT

ミラ オーウェンの【ウエストドッキングシャツワンピース】を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年6月号

там np.com.ua

what is a surrogate

viagra 100mg