DigitalistLifestyle

梅と鶴

梅が見頃を迎えている今日この頃。

この時期、外を歩くと、
紅や白、ピンクの梅の花が目に入り、
気持ちが柔らかくなります。

まだ寒い時期に、
枝に小さな蕾をつけ、少しずつ花が咲きはじめていく様子は、ほんとに可愛いらしい。

梅は古来から和歌に詠まれたり、
絵にも描かれ、日本人に馴染み深いものですよね。

そこで梅にちなんだ絵をひとつ、ご紹介。

こちら、江戸時代に活躍した、
伊藤若冲の作品。
「動植綵絵梅花群鶴図
(どうしょくさいえばいかぐんかくず)」

(CCCメディアハウス刊 「若冲 その尽きせぬ魅力。」より)

梅を背景に鶴が集まっている図。
咲き誇る梅の花、鶴のみごとな羽根など、画面からは華やかさが溢れでているようです。

そしてこれ、面白いんです。
一見、4羽かに思える鶴なのですが、
実は登場している鶴の数は6羽なんです。

脚を数えるとちゃんと6羽ぶんの脚があるんですよ。

いったいどれがどれの脚なんだか??
というかんじですが、だまし絵のようで面白い。

梅とウグイス、というのは、
絵でよく見かける取り合わせですけれど、
梅と鶴、というのもいいですよね^ ^

若冲の絵は、大胆な構図や彩色であったり、ユーモアが感じられるものがあったり、一度見たら引きこまれずにはいられない、そんな魅力があります。

安井ミカ
FROM安井ミカ 日々の暮らしのなかで、発見したり、ひょっこり出会えた美しいと感じたもの、大切にしたいと思うものやこと、ご紹介していきたいと思います。娘二人、息子一人の母。関西在住です。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

May
21
今日の40代おしゃれコーデ

5/21 Mon. 週の初めは清楚な【紺コーデ】できりりと

RANKING

PICK UP

PRESENT

ミラ オーウェンの【ウエストドッキングシャツワンピース】を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年6月号

шины continental купить в киеве

contact us best-cooler.reviews

brute ice chest