DigitalistLifestyle

生誕120年 東郷青児展

あべのハルカス美術館で
2月16日から開催されている、
【生誕120年 東郷青児展 夢と現(うつつ)の女たち】。

昨年7月に広島で幕を開けたこの回顧展。
東京、福岡と開催され、そして、
今回の大阪が最終会場です。

本展では、初期の前衛的作品から、
独自の美しい女性像の作品や、装丁本、百貨店の壁画(ちなみにこの壁画は、以前このブログでもご紹介した藤田嗣治→と競作した作品)などなど、
東郷青児の様々な挑戦の軌跡を見ることができます。

しかしなんといっても、
やはりこの人は女性像が美しい。

叙情的で哀愁を漂わせる、独特の女性像。

可憐な少女であったり、
エレガントな大人の女性であったり。

抑えた色調のなかに浮かびあがる
夢の世界のような女性たち。

触れてはいけないような静かで清らかな世界に住んでいるかのように描かれた女性は、
だからこそなのか、
ある種の官能性も感じさせられます。

私生活では三度の結婚(二重結婚していた時期も!)に心中未遂など、
複雑な女性遍歴があった東郷ですが、
彼の描く女性像は、ただただ甘美で美しいと思わずにはいられません。

また、会場では、東郷の絵がデザインされている「モンブラン」や「タカセ」などといったお店の、洋菓子の包装紙やパッケージがいくつか紹介されていました。

甘いお菓子と東郷の絵はぴったり^^
(以前、このブログでご紹介した秋田のかおる堂の菓子の包装紙も東郷のもの→

時代を超えて、いまなお愛される東郷青児の描く女性像。

東郷青児展はあべのハルカス美術館で4月15日まで開催されています。

【】
2月16日(金)〜4月15日(日)
あべのハルカス美術館
開館時間 : 火〜金 / 10時〜20時
月土日祝 / 10時〜18時
休館日 : 2/19、2/26、3/5、4/2の各月曜日

安井ミカ
FROM安井ミカ 日々の暮らしのなかで、発見したり、ひょっこり出会えた美しいと感じたもの、大切にしたいと思うものやこと、ご紹介していきたいと思います。娘二人、息子一人の母。関西在住です。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
21
今日の40代おしゃれコーデ

8/20 Mon.旦那さんとの仕事帰りデートなら、ほんのり色っぽい【ドットブラウス】

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年9月号

www.start-sport.com.ua/mjachi/gandbol-nye-mjachi

www.start-sport.com.ua/sport/joga/kovriki-dlja-jogi

avto-poliv.com.ua/uslugi/montazh-avtopoliva