DigitalistLifestyle

オランダ母子旅行④~オランダの勧め~

こんにちは、パーティプランナーの鈴木佐知子です。

 

4日目。

ゆっくりホテルで朝食タイムを楽しんで、お散歩へ。

ご近所の公園でバスケットのゴールを見つけました。

息子達が今一番夢中になっていることがバスケなもので、大喜び!

旅先でこのような出会いがあるので、観光ポイントではない地元散策が好きです。

 

この季節のオランダは、曇りや雨の日も多いので、スニーカーに加えてこちらの晴雨兼用バレエシューズを持ってきて大正解でした!

のオリジナルで、ソールが厚手で靴擦れしにくい作りなので、雨降る石畳の道も軽やかに。

荷物を軽量化したかったので、今回ヒールを持ちませんでしたが、雰囲気あるお店やレストランもこちらで難なくクリアです。

ちなみにこちらのBANDLIERのストラップ付きiPhone カバーも活躍しました。

ササッと写真を撮るにも便利、カード用ポケットも付いているのでトラムのチケットや切符をすぐ取り出すのにも便利、何しろ落とさないしカバンの中で探さなくて良いからストレスフリー♪  最近のお気に入りアイテムです。

 

運河沿いで写真をたくさん撮ってから、名残惜しくも帰路へと。

前を向いてくれない娘
ちゃんと立つとまだ身長負けてませんがあと数センチ
逃げ出す次男の首根っこを捕まえる

今回は、母子旅行とあって、主人が一緒でない分(お留守番に心から感謝です!)、子供達にはより一層団結・協力してもらわなくてはなりませんでした。

「仲良くしてね!」という約束を、異国の地で最後まで守ってくれて喧嘩が無かったことがとても嬉しかったです。荷物を持ってくれたり、テレビやゲームがない分会話もたくさんして、密な時間でした。

三人三様だけど、とにかく仲良し度が増したことが、この旅行の大きな成果でした!

 

最後に、”オランダ旅行の勧め”。

オランダは、今回の私のように旅行期間が長くとれなくても、小さな国のため、十分に満喫できます。

また、アムステルダムを起点に日帰り旅行も各方面至るところに出来ちゃいます(ユトレヒトのミッフィ博物館や美食の街マーストリヒト、ロッテルダム、ドイルのケルンやベルギーのブリュッセルetc…)。

マーストリヒト

もちろん、アムステルダム一都市でも見どころはたくさんありますので、充実した旅が出来ますよ!

夜、運河に架かる橋がライトアップされなんとも幻想的!

 

ヨーロッパ特有のクラシカルな街並みや文化だけではなく、建築やファッションやカルチャーも、実はとーってもおしゃれで洗練されたモダンな面を持ち合わせています。

インフラは驚くほど整っていますし、治安も良くて安心です。(危険なエリアはどの国にもつきものなので、きちんと把握しておくことか大事!)

 

ご家族で、母子で、女子旅、ひとり旅、どんな旅にも、愛すべきオランダを心からお勧め致します!

 

“勝手に”オランダ親善大使 鈴木佐知子でした♡

 

Thank you for reading.
Have a nice day!
My site:
OM
Instagram:

鈴木佐知子
FROM鈴木佐知子 PIVOINE(ピヴォワヌ)代表・パーティプランナー。 人と集まることやおもてなしが好きです。ホムパに役立つような、簡単おしゃれレシピ、テーブルコーディネート、手作りデコレーションを研究の日々。トレーニング、映画も好き。家族は、夫・息子(中1&小4)・娘(5歳)。ファッションもライフスタイルも、自分らしく、楽しんでいます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
18
今日の40代おしゃれコーデ

8/17 Fri. 夜の予定に合わせて、艶可愛い【肌見せコーデ】で

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年9月号

www.budmagazin.com.ua/162

www.proffitness.com.ua

https://proffitness.com.ua