DigitalistLifestyle

オランダ母子旅行①

こんにちは、パーティプランナーの鈴木佐知子です。

先月、長男次男の学校の試験休みにオランダへ母子旅行して来ました。

 

お休み直前まで多忙極まり、どうにも計画が立てられず、挙句の果て娘が高熱を発し、もはや絶望的なお休みとなりそうでしたが。

娘がインフルエンザでないことを確認出来てから、旅先を決めて、エアとホテルを手配。

出発2日前でもなんとかなるものなのですね。

現代のITに感謝申し上げます。

 

 

初日、早朝のアムステルダムへ到着。

予約していたお部屋はまだ用意できてませんでしたが、寝たまま歩く子供達を不憫に思ったのか、ホテルのマダムが他のお部屋で良ければと、すぐにチェックインさせて頂けました。

ホテルの目の前には運河が流れてます

喧騒から離れた運河沿いの小さなデザインホテルに、温かなホスピタリティを感じました。

 

お昼頃、運河クルーズへ。

「寒いよ〜、寒いよぉぉぉ〜」という次男からのクレームをBGMに、穏やかな美しい街並みに癒されます。

オランダでは11月からすっかり冬が始まります。

3人いるとかさばるから”と、子供達には薄手のコートを持参したのは言うまでもありません。

自分だけ、カナダグースのホカホカダウンで、「本当にごめんなさい!」、でした。

 

行列の出来るパンケーキやさん。オランダのパンケーキはクレープのように薄くて美味しい!

 

午後は、街を散策しながら、国立美術館でレンブラントやフェルメールを鑑賞。

旅先では、その街の生活を感じることが楽しみなので、なるべくタクシーは使わず、歩いたり、トラムやバスを使っています。

ですが、あくまで母の主張のようで、母子旅のBGMは「疲れたよ~。タクシ~、タクシぃぃぃぃ~~。」という延々とリピートされる子供達の美声というのも、言うまでもありません。

疲れ果てた時の写真。 不機嫌であることは言うまでもせん。

 

 案の定、疲れ果てた子供達のBGMの音量が大きすぎましたので、真隣にあるゴッホ美術館を目前に諦め、ホテルへと戻りました。

 

疲れてもなんだかんだで楽しそうな3人

いくつも予定をこなさなくとも、ただ一緒に街の空気を吸って、歩いているだけで嬉しく感じます。

ゆったりすごすことが母子旅行の醍醐味ですね。

 

いやいや、子供達にとってはたくさん歩かされ過酷なものだったかもしれません。。。

子供達よ、いつでも楽しく、逞しく!

 

Thank you for reading.
Have a nice day!
My site:

Instagram:

 

鈴木佐知子
FROM鈴木佐知子 PIVOINE(ピヴォワヌ)代表・パーティプランナー。 人と集まることやおもてなしが好きです。ホムパに役立つような、簡単おしゃれレシピ、テーブルコーディネート、手作りデコレーションを研究の日々。トレーニング、映画も好き。家族は、夫・息子(中1&小4)・娘(5歳)。ファッションもライフスタイルも、自分らしく、楽しんでいます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
20
今日の40代おしゃれコーデ

8/19 Sun.パッと目を引く【カラースカート】で、話題のレストランで休日ランチ

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年9月号

https://buysteroids.in.ua

http://www.cl24.com.ua

vy-doctor.com.ua