DigitalistLifestyle

リレー④博多のお土産 かしわの水炊き

金沢と

京都、

仙台に続き

博多のお土産・・・・・

 

悩みに悩んで、胃袋に聞いてみた。

いよいよ寒くなって、雪が散らついた今日。

毎日鍋でもいいくらい鍋が好きな私は、博多の鍋といえば・・・・水炊きでしょう!!と。

 

よって、博多土産の定番というよりは、私の超個人的主観で、

全国のDailytechnews読者の方にはもちろん、地元福岡のみなさんにもおすすめしたい逸品にしました。

 

 

どーーーーーん。

内外実業(株)さんの「」。

リレーのトリだけに鶏。(・・・・あぁ寒い。)

1年くらい前にこんな柄の年賀状たくさんみましたね。酉年ももうわずか。

とり納めということで。(笑)

 

※その前に・・・「かしわ」が通じない地域があると知ったのはいつだったか。。

「柏」じゃありませんよー、「鶏肉」のことをかしわと呼ぶのです!

主に西日本では通じるとか、いや北海道でも通じるとか・・・諸説あり面白い^^

 

 

博多には美味しいものがたくさん。

一般的に知られているものといえばラーメン、もつ鍋、明太子・・・そして水炊き。

ご存知、鍋に水を張り、鶏肉・野菜などを煮込んで調理するお料理のこと。

博多水炊きはかしわと白菜が主流。柑橘がきいたポン酢などをつけていただきます。

(某有名店で食べた時そうだったのですが、きっとご家庭の定番の食べ方もあるかと。)

 

さて、今回リレーでご紹介する、「博多かしわの水炊き」の缶詰は内外実業さんの60年以上愛され続ける逸品。

正統派です。

缶の中には骨付き肉が入ったコラーゲンたっぷりの濃厚スープが入っています。

この1缶あれば、水を加えて煮立たせ、たっぷりのお野菜や豆腐をいれたら出来上がり!

簡単!美味しい!!

 

12月は、忘年会にクリスマスパーティーに、、、と忙しい。

家族で食べるもよし、

おもてなしするもよし、

ギフトにしたら、新年の親戚の集まりにもぴったり。

 

なんと昭和10年代から変わらないという絵柄のこの缶、福岡の全ての百貨店で購入できます。(←調べて驚き)

そしてオンラインでも^^

 

そして今回、この水炊きの変化球レシピをご紹介。

レシピは料理担当の相方(以下オリーブ氏と呼びます。

なぜオリーブなのかというと、彼からはじめてもらったものが小豆島のオリーブ新漬だったから^^

新漬けはDailytechnews12月号でもp144に向笠千恵子さんの「ニッポンの旅するお取り寄せ」でも紹介されています!)

のオリジナル。

美味しくて「インスタ映え」するので(笑)ぜひためしていただきたい♡

レシピといっても、ざっくり、分量はお好みで^^

缶にも鶏肉入っているけど、今日は追加で。先にフライパンで焼き目がつくくらい炒めておきます。

白菜やきのこ類のほかに、ミョウガ(←マスト)・ショウガ・ニンニク少々も一緒に。

平成生まれは缶切りが使えない・・・とこの前テレビで観てなかなかのカルチャーショックだったけど

Dailytechnews世代なら大丈夫!(笑)

缶の中身を鍋にいれて、お水は足さず、白菜の水分がでるのを蓋をしめてしばし待ちます。

この黒いお鍋は柳宗理。機能的で美しい。

まずはこんな感じ。ミョウガが効いてて美味しい。王道のかぼすポン酢+柚子胡椒で。

そして、スープが煮詰まってきたら、次に豆乳を投入!(ますます寒い・・・・・)

豆乳が苦手な方は、牛乳や生クリームでもOK。

ここで〆たいときは、雑炊もいいけどパスタも美味しい!チーズはお忘れなく。

 

豆乳まではまぁよくある。試して欲しいのはこの次!

足すのはビーツ!缶詰を使いました。

白いスープにビーツを加えることで、なーんときれいなピンク色に!!

(呑みながら食べながらの撮影はもうブレブレ・・・・・↓)

ビーツには、クミンを混ぜておくと、

ピンク色のお鍋は食べたらびっくりのカレー風味。

ビーツはそのままで食感を残しても美味しいし、ブレンダーでまぜてペースト状にするのもおすすめです。

 

正統派水炊きから、豆乳鍋、そしてピンク鍋へと見た目も味もガラリと変化させたオリジナル鍋。

このビーツでピンクにするレシピ、

先日撮影が行われ、某テレビ番組で紹介されました。(手しか映らなかったらしい・笑)

 

いつも同じ鍋ばかりで飽きてしまう、という時には、たまには違う味が新鮮!

とっても美味しいので是非お試しください^^

 

 

余談ですが・・・

ピンクのお鍋、最後は雑炊にしたのですが、これ。

 

ずいぶん前から話題のもち麦。

中でも九州地方産地の、ベストアメニティーさんのもち麦がオリーブ氏のおすすめ。

ごはんに混ぜて炊くだけで痩せるわけない、と思っていたのですが。

彼は運動なしで、たった1ヶ月半の間にするすると6kgの減量に成功してしまいました。

 

内臓脂肪激減。↓↓↓

私の場合、もち麦食べても暴飲暴食と何より大好きなパンや甘いものがやめられず、効果薄・・・・・。

2017年の誓い、本気でダイエットに挑もうと思っていたのに、

もう今年も終わるなぁ・・とカレンダーを薄目で眺めながら、リレーをしめくくります。

 

 

 

オンラインでなんでも買えるようになって便利になったけど、

まだまだ日本中に知らない美味しいものがあるんだなと、わくわくする企画でした。

 

 

金沢の鰤のたたきはこちら・・・・・・・・

京都の金平糖はこちら・・・・・・・・・・

仙台の伊達茶と藻なかさぶれはこちら・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の雑多な出来事はInstagramに綴っています →

 

 

泊岩麻依子
FROM泊岩麻依子 福岡在住のフローリスト。料理が得意なパートナー、愛犬と暮らしています。旅が好きで、たまの休日は日帰りドライブで自然に触れたり美味しいものを食べたり。このブログとともに、まだまだ知らない福岡(九州)を発見するのが楽しみです。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

May
26
今日の40代おしゃれコーデ

5/25 Fri. 【楽チンワンピ】はキレイ色を選んでヘルシーな女らしさを

PICK UP

PRESENT

ミラ オーウェンの【ウエストドッキングシャツワンピース】を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年6月号

антабки

link best-cooler.reviews

оросители для полива