DigitalistFashion

エルメスの手しごと展

名古屋に続いて、14日からJR博多シティ JR九州ホールで開催中の

エルメスの手しごと展 “アトリエがやってきた”、へ行ってきました。

 

 

 

6日間だけの開催とあって、会場はいっぱい。

 

手袋職人や縁がかり職人、時計職人、石留め職人などなど・・・

11ある各ブースの職人さんに興味津々。

 

磁気絵付け職人さん。

 

吸い付くようにぴったりと、その心地良さの秘密がわかった手袋職人さんコーナー。

気温が下がってきたので、そろそろ出番ですね。

 

仕事の打ち合わせの合間に時間ができて、寄ったのですが

もっと長い時間居たかったなー!!と思うほど、見応え十分でした。

 

職人さんの技を、入場無料でここまで見せてくれるの〜!?と感動。

しかも、静止画であれば撮影OK。

なんて太っ腹なイベント。

 

職人さんにはもれなく通訳の方がいらっしゃるので、とてもわかりやすく、

久しぶりに聴いた生のフランス語(一時期勉強していたのですが、脱落・・・)に

きゅーーーんと、パリが恋しくなりました。

 

ちょうどタイミングよく、シルクスクリーンプリント職人さんのデモが目の前ではじまりました。

みんな大好き、カレのプリント。

カラフルなあの色彩を生み出す、染料がオブジェのようにずらりと並んでいます。

 

 

リヨンからはるばる福岡まで来てくれた職人さんたち。

長旅でお疲れだそう(笑)

 

 

この1枚を作るまでにどれくらい時間がかかるのか、

どんな工程を経ているのか、

どのくらいの色が使われているのか、などなど・・・・

 

 

聴いている間に、1色、また1色と色が重ねられます。

 

 

シルクの扱いがどれだけデリケートなのか、という話には

家のクローゼットを思い出し、こんなに丁寧に作られたものを、あんな風に・・・・・・

と、反省。

 

 

ところどころにシルクや、工具、糸などのディスプレイ。

 

 

どの職人さんにも言えることですが、所作が美しくて、

見惚れていると、時間を忘れてしまいます。

 

完璧な仕事の裏側は、やはり完璧でした。

職人っていいなぁ・・憧れるなぁ・・・と、

(一応わたしも花職人なんですけど・・・程遠い)

改めて自分の仕事も振り返る、いい機会でした。

 

カレの全てのデザインには、「ストーリー」があることが絶対だという話を聴きながら、

あっ、Dailytechnews・・・と、早速ブログを書いているところでございます。

 

夜の中洲ネタがたまってきたので、次回は博多ごはん処を。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の雑多な出来事はInstagramに綴っています →

 

泊岩麻依子
FROM泊岩麻依子 福岡在住のフローリスト。料理が得意なパートナー、愛犬と暮らしています。旅が好きで、たまの休日は日帰りドライブで自然に触れたり美味しいものを食べたり。このブログとともに、まだまだ知らない福岡(九州)を発見するのが楽しみです。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

May
21
今日の40代おしゃれコーデ

5/21 Mon. 週の初めは清楚な【紺コーデ】できりりと

RANKING

PICK UP

PRESENT

ミラ オーウェンの【ウエストドッキングシャツワンピース】を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年6月号

гриф олимпийский купить

velotime.com.ua/product/comanche-prairie-comp-fs/

best-cooler.reviews/cooler-with-speakers-ice-chest-radio/