DigitalistLifestyle

往復航空券が当たるキャンペーンも!~ミス・ニューカレドニアとの優雅なランチ♡

秋晴れの気持ちいい某日。ニューカレドニア観光局さま主催のメディア・ランチョンに伺いました。

会場は都心の真ん中・千代田区富士見坂にある、フランス邸宅のような豪奢な一軒家レストラン「ソンブルイユ」。

入口ではミス・ニューカレドニアのレヴィーナ・ナポレオンさんがお出迎え♡(どこが違うっていうか自分と同じ箇所がひとつも見当たらない眩いばかりの美しさに、いろんな意味でため息・・)

世界を飛び回る旅慣れた皆さんも「また行きたい!」と口をそろえるニューカレドニア。
そのお勧めポイントをざっくりまとめると・・

⑴アクセスが良い!
直行便で約8時間。成田から週5便(最大時は毎日)、関空から週2便も運航しています。
☛大人旅にも子連れにも!天国にいちばん近い島♡

⑵時差がたったの2時間!
体への負担は最小限。帰国日もまる一日たっぷり遊べます。
☛最終日だって夜まで満喫!

⑶手つかずの大自然と出会える!
世界自然遺産のラグーンを誇る海はもちろん、広大な自然保護地区にある山や森も絶景だらけ。固有の動植物がたくさん生息するホットスポットでもあります。
南半球ならではの南十字星や天の川が広がる星空もロマンチック♡
☛世界遺産の海でヒーリング!

⑷ユニークな体験やイベントが盛りだくさん!
ウインドサーフィンやゴルフなどスポーツの世界大会が数多く開催されるニューカレドニアは、水陸ともに年間を通して様々なアクティビティを楽しむことができます。
メラネシア文化を地元民と一緒に楽しめる各地イベントやお祭りもオススメ。
☛ローカル感たっぷり♡の朝市とフェス!

⑸美食の島!
フランス領であるニューカレドニアは、多彩な食のパラダイス。
☛絶景レストランでランチ! ☛かごバッグとマルシェ! ☛黒真珠とカナック料理!

この日のランチも、ニューカレドニアの食材をたっぷり使ったお味も見た目もハイレベルなメニュー。
観光局のスタッフさんがご自身で採取(!)してきたという生ハチミツもサーブされ、パンにつけたりお料理のソースに垂らしたり、もちろんそのままいただいたりと、濃厚な味わいを楽しみました。
☛生はちみつと絶品スイーツ!

お食事のあとは広々とした中庭でのガーデンブッフェ。特産品のバニラをふんだんに使ったスイーツはやはり絶品!
“幻の豆”ブルボン・ポワンチュのコーヒーもニューカレドニアの貴重な逸品です。

ミス・ニューカレドニアによるパレオショーでは、一枚のパレオで簡単にできるアレンジを披露。いろんな角度から、来場者全員が熱心に見入っておりました!

 

ニューカレドニアに想いを馳せる夢のようなひととき。。帰宅後もパンフレットをめくっては楽しい妄想に浸っています。
“海の宝石箱”イル・デ・パン、映画『天国にいちばん近い島』の舞台ウベア島、点在する大小様々の離島(タクシーボートで約5分の島から国内線約30分のフライトで行ける島まで)も訪れてみたいし、本島だってまだまだ行ってみたい場所だらけ。その魅力の幅広さと奥深さにすっかり虜の私です。
( ブーライユ、ヌメアで滞在したホテルはこちら ↓ )
☛大自然リゾートで本物の贅沢を♡ ☛南太平洋のフレンチリゾート!?

治安もよく、航空券は安い時期には往復6万円前後で行けちゃうニューカレドニア。今なら抽選で往復航空券が当たるキャンペーンも!登録は今月末までですので、どうぞお見逃しなく。

南太平洋に浮かぶ楽園、ニューカレドニア。
皆さんにもぜひ次の旅の候補地として心に留めておいていただけたら嬉しいです♪

中林直美
FROM中林直美 渋谷の映画館でもぎりをしつつミニシアターブームに傾倒した学生時代。大学卒業後は大手映画会社で約10年勤務。映画と旅が好き。 https://www..com/naomi_nm_/
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
21
今日の40代おしゃれコーデ

8/21 Tue. 40代の【ロゴT】コーデ、お手本は黒×カラースカート

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年9月号

https://antibioticlistinfo.com/

www.profshina.kiev.ua

waterproof coolers with speakers