DigitalistLifestyle

フェス。

こんにちは、仙台/高橋です( ^ω^ )

 

駅で見つけた「東北名物」ガチャガチャ。

ダーツの旅的な、←古い

「当たった所に行ってみよう!」

ということになりまして。

大間のマグロが出たらどうしよう。

(本州最北端です)

お寿司の写真で誤魔化すかねぇ。。。

 

 

ジャーン!

キターーー( ´∀`)

 

これはあの一度は行ってみたかった

憧れのフェスではないか!!

 

いざ!

山形県山形市で年に一度開催の

大イベント。

「日本一の芋煮会フェスティバル」

 

先週の日曜日、行ってきました。

山形、宮城では夏のバーベキューより

秋の「芋煮」が圧倒的にメジャー。

 

この季節になると、

スーパーの入り口で大鍋の貸出サービス

よく見かけます。

 

川沿いで石を組んで、薪を焚いて、お鍋を置いて

「芋煮」をするんですね。

 

こちらのフェスでは

6mの大鍋で、3万食の芋煮がふるまわれます。

「芋煮」のお芋は里芋なのですが、

里芋3トン、牛肉1.2トン、お醤油700リットル  etc…

 

ショベルカーで混ぜ混ぜ。

 

あたり一帯が芋煮の香りでワクワクします。

 

ところで、「芋煮」には

山形風、宮城風がありまして。

山形は牛肉でお醤油味。

 

宮城は豚肉でお味噌味。

「ん?豚汁、、ですかい?」

 

そういうわけで、

大きな声では言えませんが、

宮城県民も山形風が大好きです、笑。

 

このフェスの芋煮はもちろん山形風!

1杯300円以上の協賛金で整理券を購入。

5杯分買ってみました( ´∀`)

 

いよいよ順番がきて、

リュックから取り出したのはこちら。

事前調査によると

ツウはお鍋持参とのことで真似っこ。

 

リュックに入ることを優先に選んだ

取っ手の取れるティファール♪

 

が、しかし!

周りの人たちのお鍋が全然大きい( ;∀;)

どうしよう・・・。

5杯分、お鍋に入れてくれます。

 

やっぱり・・・。

お鍋が小さすぎて溢れる・・・。

 

いや、お鍋が小さいんじゃない。

里芋が大きすぎるんだっ( ´∀`)

 

そして更に失敗。

 

お玉を忘れた・・・。

なんとかよそっていただきました、汗。

 

大きな里芋と牛肉がたっぷり。

味もしっかり染み込んでいて

とっても美味しかった!

 

整理券をもらってから配食まで

待ち時間は長いのですが、

その間も飽きないように沢山イベントがあって。

プロレスとか、笑。

 

来年で30回目を迎えるそうで、

お鍋が更に大きくなるんだとか。

 

持参のお鍋もビッグサイズに変更して

また参戦しようと思います。

 

ついつい長くなってしまう。。

 

ありがとうございました♪( ´θ`)

高橋かすみ
FROM高橋かすみ 夫と息子(1歳)の3人家族、ワーママ34歳。趣味はドライブ。結婚を機に、東京から夫の実家がある仙台に移住し7年目。東京♡人間が今では仙台以外では暮らせないと言うまでに変化。仙台に限らず東北各地の魅力をお伝えします!
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Jun
20
今日の40代おしゃれコーデ

6/20 Wed. 【ハイウエストデニム】は華奢なヒールで着こなせば上級者

PICK UP

PRESENT

グーコミューンの【シガレットゴムパンツ】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年7月号

http://cl24.com.ua

np.com.ua/holodilnoe-oborudovanie/apparaty-shokovoj-zamorozki.html

there best-cooler.reviews