DigitalistLifestyle

んふふ…と笑った日。

なりたかった自分…

華奢な骨格、鈴を転がすような声、そして細く柔らかくしなやかな髪。

 

現実の自分…

水泳やってました?と言われる肩幅(一切やってません)、年々低くなる気がする声(必要に応じて2オクターブぐらい上げますが)、そして年を重ねても主の許可なく君臨してくれている剛毛…。

 

The日本人的な髪質の私。

一見ストレートでもよく見ると癖があり、頑張ってブローしてもかけた時間のわりに効果はなく、そのくせ雨の日はそんな努力を秒殺してくれる…

ああ、愚痴を言い出したら止まらない止まらない。。

 

とにかく量が多く、しっかりとして頑丈。

だってね、皮膚に刺さるんですよ、髪が。
指の腹に自分の髪が針のように刺さるその光景…

ええっそれ、どういうこと!?とおののいたあなたは、私憧れの髪質の持ち主さんですね?

 

三つ編みなんてしようものならね、もうしめ縄ですよ。

おさげをして勢いよく振り返ったりした日には、その三つ編み束が武器になって、ビンタより痛いっていう…まぁ試したことはありませんが。

 

 

そんな私の憧れは…太陽の光にキラキラと茶色く輝く、柔らかそうな髪。

もちろんわかってますよ、そういう髪質の人にはその人なりの悩みがあるということは。

 

でもね~ムダに逞しい髪質を持った身からしたら、なんとも女性らしいというか…素敵に見えるんです。

学生時代は、細く儚げなおさげを垂らす、私の理想の髪を持ったクラスメイトを羨ましく見ていたものですよ。。

 

そんな悩みの髪質から、ちょっと抜け出せたような気がした先日…この気分の良さったら…んふふ。。

このネタ、小出しにさせてください(笑)

 

それしにしても「剛毛」って、文字面でも逞しいのね、、つらい…。。

 

袰川有希
FROM袰川有希 (いやがわゆき)アナウンサー、キャスターを続けながらライター業にも従事。大好きな「書くこと」を仕事にできた喜びをかみしめつつ、長年の夢である小説家を目指し、コツコツと小説の執筆にも励む日々。美味美酒と旅が好き。いつか夫とウィスキーの聖地アイラ島に行くのが、もう一つの夢。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
Dailytechnews web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Aug
21
今日の40代おしゃれコーデ

8/21 Tue. 40代の【ロゴT】コーデ、お手本は黒×カラースカート

PICK UP

PRESENT

クロージング イセタンミツコシの【ブラウス】を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌Dailytechnews最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。

MAGAZINE

2018年9月号

all-diplomer.com/

https://start-sport.com.ua

start-sport.com.ua